学生アルバイト募集ビラ―成都雑感〔38〕―

 まもなく5月のメーデーからの1週間の休み、ゴールデンウィークになります。この時期は観光シーズンとして観光地が押すな押すなの賑わいとなるとともに、一大商戦期でもあります。

 そこで、校内にて下の写真でお見せする、学生へのアルバイト募集ビラが電柱に貼られていました。このビラで、現在の学生アルバイト事情の一端がうかがえるかと思い、紹介します。

 ビラは見出しを「双休・五一兼職」として、土日休日と5月1日からのメーデー休暇の両方とうたっています。次いで、職種・求人数・日給を提示しています。それは、以下の6業種です。

電話回訪員(電話での顧客サービス調査) 女子 60名 3060

●商場・超市発単員(商店・スーパーでのチラシ配り) 男女 80名 2040

●信息菜集員(情報調査) 男女 50名  3050

●電器・飲料促銷員(電器・飲料販売促進) 男女 60名 4060

●礼儀模特(開店などの式典要員) 女子 20名 60160

●打字抄写員(パソコン入力とコピーオペレーター) 男女 10名 4080

 さらに、校内でのIT電話カード・化粧品・電子製品の業務推進員(営業)を求めています。これは、採用すれば優遇するとうたっており、具体的な給料は示していません。いわゆるアルバイト的というよりも、契約社員的なものです。

 この下に連絡電話番号と連絡先が書いてあります。この番号は固定電話ですが、携帯電話番号の場合も多いです。最後に、ビラの最下部ですが、そのように、連絡電話番号・連絡先を記して、切れ目を入れあります。これはこのビラを見て連絡しようと思った人がこの部分を切り取って持って行けるようにしたものです。アルバイト募集ビラだけではなく、アパート募集などでも同様で、その形体はこれらのビラの通例です。

 もちろん、旧来からの学生アルバイトの基本である家庭教師もありますが、近来は上記に見られるような職種にも学生アルバイトが募集されるようになりました。

 最後に賃金のレベルを円に換算すると、日給20元は(1元=15.45円)で309円となります。比較として、2005年の成都市都市部市民の月平均可処分所得を示します。これは月平均947元(約14600円)です。ただし、中国では共稼ぎが普通ですから、世帯可処分所得は大きくなります。

Unicode

(2007.04.12)

広告

kanazawa45 について

中国に長年にわたり在住中で、現在、2001年秋より、四川省成都市の西南交通大学外国語学院日語系で、教鞭を執っています。 専門は日本中世史(鎌倉)で、歴史関係と中国関係(成都を中心に)のことを主としていきます。
カテゴリー: 教育 パーマリンク

学生アルバイト募集ビラ―成都雑感〔38〕― への2件のフィードバック

  1. xiong2_gongzi より:

    ビラの下の部分を千切るようになっていますね。北京や上海の大学の
    学生向けのチラシも同じようになっていました。あれは日本にはないですね。
    なかなかいいアイディア。(xiong2)
     

  2. 正大 より:

    xiong2さん、そうですね。このような電柱などに貼る宣伝ビラは切り込みが入り、千切れるようになっていますが、日本では見かまけせんな。なお、学内でもっと見かけるのはアパートビラです。これはほとんどが個人の家主が借り手を募集するものです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中