2018年度記事目次

歴史と中国』http://blog.goo.ne.jp/kanazawa4512での「2018年度記事目次」を転載します。

戊戌年を終わるに当たって、2018年度(1~12月)記事目次を掲載します。なお、前回までは「『歴史と中国』https://kanazawa45.wordpress.com/記事目次(上)」(2011年10月21日付)、「『歴史と中国』https://kanazawa45.wordpress.com/記事目次(下)」(2011年10月21日付)、「『歴史と中国』2010年度記事目次」(2011年10月22日付)、「2011年度記事目次」(2011年12月31日付)、「2012年度記事目次」(2012年12月31日付)、「2013年度記事目次」(2013年12月31日付)、「2014年度記事目次」(2014年12月31日付)、「2015年度記事目次」(2015年12月31日付)、「2016年度記事目次」(2016年12月31日付)、「2017年度記事目次」(2017年12月31日付)です。

では、己亥年がよいお年で。

01.01 綱島諏訪神社初詣

01.30 西安交通大学日本語学科東北会新年会

02.10 相模国武士土肥実平の没年―歴史雑感〔38〕―

02.27 獅子ヶ谷横溝屋敷―歴史雑感〔39〕―

03.07 根岸森林公園の梅

03.10 2018年3月8日l九寨溝観光一部再開―四川雑感〔27〕―

03.28 鶴見川の桜と新幹線

04.12 西安交通大学日語系10期生卒業20周年同窓会

04.24 半坡博物館―中国雑感〔35〕―

04.28 漢長安城未央宮遺址―中国雑感〔36〕―

04.30 中国高速電車の商務座―中国雑感〔37〕―

05.02 魚鳧古城遺址―成都雑感〔160〕―

05.06 再訪永陵博物館―成都雑感〔161〕―

05.08 再訪宝墩古城遺址―成都雑感〔162〕―

06.02 熊野古道と熊野三山(上)―熊野中辺路と熊野本宮大社―

09.08 拙著『鎌倉幕府成立期の東国武士団』出版のお知らせ

10.05 西湖―中国雑感〔38〕―

10.06 銭塘江大逆流と西湖月見―中国雑感〔39〕―

10.09 黄山(1)―中国雑感〔40〕―

10.12 黄山(2)と屯渓老街〔41〕―

10.14 朱家角古鎮―中国雑感〔42〕―

10.16 外灘と黄浦江ナイトクルーズ―〔43〕―

11.30 境田貝塚―歴史雑感〔40〕―

12.07 2019年の中国の祝日―中国雑感〔43〕―

12.12 都築中央公園の紅葉

12.18 鎌倉史跡散策―歴史雑感〔41〕―

12.31 2018年度記事目次

(2018.12.31)

広告
カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

『歴史と中国』のgooブログへの移管

2011年10月初旬以来、当地からアクセス不能状態が続いています。

本日、日本に帰国したので、アクセス可能となりました。そこで、2011年10月9日付「周口店北京猿人遺址(遺跡)―中国雑感〔10〕―」以後、『歴史と中国』をgooブログ、http://blog.goo.ne.jp/kanazawa4512、に移管したことをお知らせします。

(2012.01.16)

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

北京行

本日は国慶節です。この休みを利用して、2日から4日まで、北京に行ってきます。2004年以来です。

(2011.10.01)

カテゴリー: 未分類 | 1件のコメント

成都に戻る

昨日(2日)、成都に戻りました。ANA便は台風の関係になどで、短縮コースを飛行し、ダイヤより早く22時前に成都空港に着きました。成都空港の税関検査では、すべての乗客の荷物をX線(1台のみ)にかけるため、行列待ちでした。

成都は連日30度を越しているようで、まだ夏です。

(2011.09.03)

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

『吾妻鏡』人名表記の史料的価値―歴史雑感〔10〕―

『吾妻鏡』人名表記の史料的価値

金澤 正大

阿部猛編『中世政治史の研究』2010年9月日本史史料研究会は、院政期から織豊期まで40編の論考を載せた、意欲的な論文集である。しかし、残念なことに、鎌倉期に関する論考中で、『吾妻鏡』の史料操作において、初歩的な疑問が見られることである。『吾妻鏡』が鎌倉前中期の基本史料であることはいうまでもない。だが、『吾妻鏡』は編纂物であり、八代国治氏『吾妻鏡の研究』1913年吉川弘文館、以来の諸先学が論じているごとく、幾多の誤謬・錯簡(中には作為的なものも)がある。従って、絶対的に信用できる史料ではなく、やはり厳密な史料批判が必要なことは周知のことである、

では、その諸論考における初歩的な疑問とは何であろうか。それは、『吾妻鏡』の人名表記を基本的に正しいとして、これのみを根拠に当該人物の官職を論じていることである。

具体的な例を出そう。佐藤雄基氏「公卿昇進を所望した武蔵守について」において、

建保六年七月八日条の行列の記事には、前駆の中に「民部権少輔親広」という表記が見える。この記事から七月八日の時点では親広は武蔵守ではなく(頁99)

と、この官名表記により大江親広の武蔵守の当該時期の現任を否定している。すなわち、この官名表記が正しいとされるのである。

この実証は正しいであろうか。氏自身が表二(頁118・9)に示しているように、将軍家政所下文の親広の署判は、建保四(一二一六)年八月十七日「民部権少輔大江朝臣」、建保五(一二一七)年六月二十一日「前遠江守大江朝臣」とあって、建保五年には民部権少輔を辞めていたことになり、民部権少輔ではなく、以前任官していた遠江守(建暦二〔一二一二〕年から建保三〔一二一五〕年にかけて。表二参照)を前官として、散位の表記としたのである。すると、先の『吾妻鏡』の官名表記は「前遠江守」「前遠州」となるはずである。すなわち、『吾妻鏡』の官名表記自体が正しいとはいえないことをこのことは示している。従って、上記の官名表記のみをもってなされる論証は不十分といえ、実証とはいえないのである。

次いで、氏は、

『鏡』建暦三年五月二日・三日条の和田合戦の記事に、義氏が和田方の勇将朝比奈義秀と戦って名を挙げたという記述が見えるが、そこでは「足利三郎義氏」「上総三郎義氏」と表記されており、無官の三郎に過ぎない。(頁100)

と、当該時期での足利義氏の任官(武蔵守)否定の根拠を、その人名表記に求めている。極めて素朴に『吾妻鏡』の人名表記を疑っていないのである。

これは正しいであろうか。その人名表記は『吾妻鏡』編纂における作為、すなわち誤謬であることは、拙稿「十三世紀初頭に於ける武蔵国国衙支配―武蔵守北条時房補任事情―」『政治経済史学』第二百二十二号一九八五年一月において、論証したところである。残念なことに、実朝将軍期の武蔵守を論じた氏の論考には、拙稿を見た気配が全く見られず、いわば先行論考無視の論述といわざるをえない。

また、『吾妻鏡』建保元(建暦三・一二一三)年同日条の人名表記を根拠として、足利義氏の元久二(一二〇五)年八月九日の任武蔵守を否定しているのは、前田晴幸氏「鎌倉幕府家格秩序における足利氏」(頁177)も同様である。しかも氏はこれに加えて、拙稿「武蔵守北条時房の補任年時について―『吾妻鏡』承元元年二月廿日条の検討―」『政治経済史学』第百二号一九七四年十一月を註として挙げ、

義氏の武蔵守補任時期を、(中略)金澤正大氏は建永二年(一二〇七)正月十四日とする。(頁177)

と本文で述べているのは、本当に拙稿を読んだのか疑うものである。何故ならば、拙稿は北条時房の任武蔵守年時が、承元元(建永二)年ではなく、承元四(一二一〇)年であることを論証したものであり、拙稿には足利義氏を一切記述していないからである。

以上のごとく、『吾妻鏡』の人名表記を疑うことなく、これのみを根拠として、当該人物の官職を論じるは実証不十分であることが理解できよう。

『吾妻鏡』の人名表記に、実際の官職(無官も含む)に関して誤謬がある例を二つ示そう。一つは、無官表記の時にすでに任官していた例である。北条有時がそうである。先ず、有時の任官歴を見よう。『関東評定衆伝』(『群書類従』第四輯補任部)によると、次の通りである。貞応元(一二二二)年十二月二十一日・任大炊助、貞永元(一二三二)年六月二十九日・叙爵、同日・任民部少輔、嘉禎三(一二三七)年七月十三日・罷民部少輔、同年十一月二十九日・任駿河守。

『吾妻鏡』での有時の人名表記は次の通りである。承久三(一二二一)年五月二十二日条に「陸奥六郎有時」と初見して以降、元仁元(一二二四)年六月十八日条に「同(陸奥)六郎」と所見するまで、無官を意味する「陸奥六郎」表記なのである。嘉禄元(一二二五)年五月十二日条で「大炊助有時」と初めて官名表記となるのである。すなわち、貞応二(一二二三)年十月十三日条と元仁元年条の「陸奥六郎」の無官表記は誤謬なのである。これを根拠に、有時の無官を論じるわけにはいかないのである。なお、嘉禎三年六月二十三日条に「駿河守有時」と見え、官名表記においても誤謬が見られるのである。

もう一つは逆に、無官にかかわらず官名表記の例である。安達景盛がそうである。景盛の官暦は『吾妻鏡』の卒伝記事、宝治二(一二四八)年五月十八日条により、建永二(一二〇七)年月日(十月二十五日改元し承元元年)・任右衛門尉、建保六(一二一八)年三月六日・任出羽権介(秋田城介)、同年四月九日・叙爵。

『吾妻鏡』での景盛の人名表記は次の通りである。正治元(一一九九)年七月十六日条の初見から正治二(一二〇〇)年二月二十六日条までは基本的に「安達(弥)九郎景盛」である。これが、建仁三(一二〇三)年十月八日条に「安達九郎左衛門条景盛」と、初めて官名表記が出現する。以後の所見は官名表記(但し、左衛門尉と右衛門尉が混合している)が基本となる。これに対して、建保六年十六日条に去六日の秋田城介の任官記事があり、これに対応して、以後の所見では同年六月二十七日条に「秋田城介景盛」と見えるように、基本的に「秋田城介景盛」表記となる。

以上、二つの例の人物は共に評定衆を勤めた(『関東評定衆伝』)幕府重臣である。かかる人物であっても人名表記は正確に官職表記を反映していないのである。すなわち、『吾妻鏡』の人名表記は当該人物の官職を正しく反映しているとはいえないのである。当然ながら、『吾妻鏡』の人名表記をもって当該人物の官職を論じる場合、特に正確な日時を論じる場合、『吾妻鏡』のみを根拠として論じてはならず、厳密な史料批判が必要なことが改めて痛感されるのである。

〔付記〕 本雑感は、論考批判ともなり、本来は研究ノート的ともすべき専門性を有しているので、デス・マス体ではなく、論文文体のダ・デアル体としました。

(2011.08.08)

カテゴリー: 日本中世史, 未分類 | コメントをどうぞ

全日空NH948便の『カンフーパンダ』塗装機―成都雑感〔116〕―

2011年6月19日、全日空が日本の航空会社としては初めて成田成都間の直行便を開通しました。NH947便で、成田発15時35分・成都着22時20分です。翌20日、NH948便が成都~成田へ飛び立ちました。成都発9時5分(木・土8時55分)・成田着15時(14時50分)です。今回の帰国に当たっては本便を利用しました。内陸の直行便では、旧日本エアシステムの成田西安便、旧中国西南航空の成都成田便以来です。

本便就航に当たって、全日空は本便運行機ボーイング737-700に、四川省がパンダの生息地であることから、夏公開の米アニメ映画『カンフーパンダ2』のキャラクター塗装の機を運航させました。今回の私の搭乗機はその塗装機だったので、ここに写真で紹介します、

写真1は、成都双流国際空港でボーディングブリッジに付けられたNH948便の左側面です。

写真2は、右側面です。

写真3は、ボーディングブリッジ内から右側面をみたものです。

写真4は、成田では沖止めでしたので、降機後に右側面を撮ったものです。ご覧のように、『カンフーパンダ』の主人公ポーのキャラクタ-を描き、この右に「成田←→成都就航」とあります。

なお。6月16日からは中国国際航空もプログラムチャーター便形式で成都成田直行便を就航させました。この便は次の通りです。最初は木・土曜日の周2便でしたが、7月5日から火曜日が加わり、週3便運行です。

CA413 成都12時10分 成田17時40分

CA414 成田19時 成都23時20分

(2011.07.09)

カテゴリー: 交通 | コメントをどうぞ

夏休み帰国

本日、夏休みの帰国をします。
今回は、先日に開通したANA直行便を利用します。
旧中国西南航空以来の直行便利用です。
戻りは9月頭の予定です。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ