青城後山・虎嘯岩「5.12地震遺址」―成都雑感〔114〕―

2008年5月12日(月)14時28分、阿壩西藏族羗族自治州汶川県映秀鎮付近を震源地とするM8.0の地震が起こりました。四川汶川大地震です。死者行方不明者が8万人を超える大震災となりました。本地震は各地にその傷跡を残しました。これらを後世に伝え、教訓とするため、「5.12地震遺址」として保存しています。この一つとして、先日訪れた都江堰市泰安鎮の青城後山のそれをお見せします。

 

都江堰市は、震源地から20km足らずの距離で、市域一帯が甚大な被害を受けました。世界文化遺産の都江堰・青城山もそうです。写真1が山崩れの全容跡です。200m高の虎嘯岩頂が崩壊し、約7haの杉林をなぎ倒し、飛泉溝の遊歩道を100mにわたって埋めました。中央左手の石に「5.12地震遺址」と石刻(青色)されています。

写真2は、崩壊した最大の岩石で、幅8×8.5m・高5.2m・推定重量約千トンという巨石で、崩落した場所にそのまま保存しています。谷の流れを塞いでいたことがお分かりでしょう。

(2011.05.21)

広告

kanazawa45 について

中国に長年にわたり在住中で、現在、2001年秋より、四川省成都市の西南交通大学外国語学院日語系で、教鞭を執っています。 専門は日本中世史(鎌倉)で、歴史関係と中国関係(成都を中心に)のことを主としていきます。
カテゴリー: 四川汶川大地震 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中