タクシー料金値上げ―成都雑感〔98〕―

2010年9月10日(金)、成都市のタクシー料金改定(値上げ)が実施されました。新料金は以下の通りです。

新型タクシー(車種速騰 エメラルドグリン塗装)  初乗り2km9元

旧型タクシー(車種捷達 グリンイエロー2色塗装) 初乗り2km8元

追加料金共通1km毎1.9元

夜間料金共通(23時~6時)初乗り+1元 追加+0.3元

但し、燃費付加費1元は廃止

以上です。

比較に、旧料金も示しておきます。

新型タクシー 初乗り1km7元

旧型タクシー 初乗り1km5元

追加料金共通1km毎1.4元

夜間料金共通(22時~6時)初乗り+1元 追加+0.3元

比較すると、初乗り料金距離が延長され、追加料金と共に値上げされましたが、燃費付加費の廃止により、近距離では値上げは実質的に影響少ないことになります。また、夜間料金時間帯が1時間縮小されました。これで成都双流空港と市中心間のタクシー料金(昼間)50元弱が60元弱になります。

なお、写真は新型タクシーで、後方にボンネット部が見えるのが旧型タクシーです。

Unicode

(2010.09.14)

 

広告

kanazawa45 について

中国に長年にわたり在住中で、現在、2001年秋より、四川省成都市の西南交通大学外国語学院日語系で、教鞭を執っています。 専門は日本中世史(鎌倉)で、歴史関係と中国関係(成都を中心に)のことを主としていきます。
カテゴリー: 交通 パーマリンク

タクシー料金値上げ―成都雑感〔98〕― への2件のフィードバック

  1. xiong2 より:

    お久しぶりです。ブログの様子がすっかり変わりましたね。私も同じですが…
    ところで成都ではついに地下鉄1号線が開通したとか。ついに近代都市の仲間入りですね。そちらのリポートも楽しみにしています!

    • kanazawa45 より:

      xiong2さま、こんばんは。

      ブログが移管されて、ブログ本文とフォトが分離してしまったことが、もっとも困ることです。それに、リンク先も引き継げず、新たな設定が出来ないのも困ったことです。

      本当のことをいえば、元に戻してほしいです。どうも、MSはブログを不採算部門として、切り離したようですね。

      さて、地下鉄の件ですが、9月27日に試開業し、成都市民に初めてであったせいか、国慶節初頭には、日28万人弱の乗客が押し寄せ、主要駅では入場制限をし、天府広場駅では1時間以上も並ぶことになったそうです。「一天地鉄旅游」なる言葉が生まれました。

      こんなわけで、人出が落ち着くまで、本格的な地下鉄乗車は待ち(実は6日にはtめしに乗車してきましたが、写真は撮っていません)、今週の講義のない日にでも行こうと、思っています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中