成都に戻る

昨日夜、成都に戻りました。
今回は、往復とも羽田発着便による北京乗り継ぎを利用しました。
乗り継ぎ時間は経由時間に比して長くなりますが、
自宅(横浜)成田間の時間と自宅羽田間の時間の差を考えると、
トータル時間は同等かむしろ早いくらいでした。
乗り継ぎの手間もいやっというほど経験していますから、
どうということがありません(乗り継ぎで欠航となり、次の日の便で飛んだことも)。
以上から、利便性からいって、羽田利用の方がいいです。
特に、成田発便は自宅で朝食を食せぬほど早い旅立ちになるのに対して、
羽田発なら朝便でも朝食を食せます。
料金的にもほぼ同等なのでなおさらです。
 
3月1日(月)から新学期です。
広告

kanazawa45 について

中国に長年にわたり在住中で、現在、2001年秋より、四川省成都市の西南交通大学外国語学院日語系で、教鞭を執っています。 専門は日本中世史(鎌倉)で、歴史関係と中国関係(成都を中心に)のことを主としていきます。
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中