神鋼カップ日本語カラオケ大会―成都雑感〔85〕―

 20091113日(金)夜、西南交通大学犀浦キャンバスの第二食堂3階の学生活動中心で、「第2回神鋼カップ日本語カラオケ大会」が開催されました。本学日本語科の1~4年生の12名が歌いました。

ここで、最近の中国の若者の日本の歌への傾向がうかがえると思うので、彼らの参加曲(出場順)を示します。

  嵐「Love so sweet20072

  SoulJa「ここにいるよ.feat青山テルマ」20079

  川嶋あい「My Love20072

  杉真理「恋の手ほどき~X’mas in Love~」199011

  鬼束ちひろ「月光」20008

  中島美嘉「雪の華」200310

  TOKIO「太陽と砂漠のバラ」20098

  剛紫「美しい我の空」20094

  大塚愛「プラネタリウム」20059

  Surface「夢の続きへ」20075

以上です。ご覧のように21世紀に入ってからの曲がほとんどで、本年の最新曲も入っており、学生達がどん欲に新しいものに興味を示していることがうかがえます。また、以前にはあった演歌・歌謡曲系の曲は全く歌われず、J-ポップス系が学生の心を捉えていることが理解できます。

 写真1は、優勝した1年生男子の「夢の続きへ」の歌唱風景で、最後に搭乗した彼は、表情も豊かで、楽しくリズムに乗り、会場の喝采を受けました。

 神鋼カップ日本語カラオケ大会―成都雑感〔85〕―

 写真2は、表彰式後の、出場者・司会者・審査員などの記念写真です。なお、左側の女子4人は審査補助員で、和服もどきの服装はご愛敬でしょう。

 本大会は、本学日本語学科への、成都神鋼建設機械有限公司(成都コベルコ)支援の一環として行われました。ここに記して、感謝いたします。

神鋼カップ日本語カラオケ大会―成都雑感〔85〕―

(2009.11.14)

広告

kanazawa45 について

中国に長年にわたり在住中で、現在、2001年秋より、四川省成都市の西南交通大学外国語学院日語系で、教鞭を執っています。 専門は日本中世史(鎌倉)で、歴史関係と中国関係(成都を中心に)のことを主としていきます。
カテゴリー: 教育 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中