西安交通大学老師来成都

 4月24日(金)~26日(日)、西安交通大学日本語学科の5人の先生方が成都に来られました。成都在住の卒業生5人も集い、ゆったりと楽しい時間を過ごしました。川菜・火鍋・茶館・五粮液など、四川の良さに触れらたと思います。

 写真は、「寛窄巷子歴史文化保護区修復竣工オープン―成都雑感〔69〕―」(2008年6月17日付)で触れた、旧来から営業していた「茶馬古道」茶館2階での先生方です。実は、この茶館には以前2階がなく、1階(路上)のみで営業していました。今回久しぶりにここを訪れたら、2階に棚(テラス)を道側に増築し、内部と合わせ、2階でも営業していました。下はいっぱいだったので、一同2階に上がりました。午後の時間をのんびりと数時間もおしゃべりとお茶で過ごしました。

090425西安交大老師来成都 004

(2009.04.26)

 

広告

kanazawa45 について

中国に長年にわたり在住中で、現在、2001年秋より、四川省成都市の西南交通大学外国語学院日語系で、教鞭を執っています。 専門は日本中世史(鎌倉)で、歴史関係と中国関係(成都を中心に)のことを主としていきます。
カテゴリー: 教育 パーマリンク

西安交通大学老師来成都 への1件のフィードバック

  1. HELEN より:

    看到了熟悉的面孔,赵刚,王精诚,赵蔚青三位老师最近都好吗?好想念他们呀,一直没有机会回西安

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中