成都に戻る

昨日(21日)夕方、成都に戻りました。
CA422便でしたが、成田で動力源補充のため、離陸が遅れ、
北京で1時間、成都で50分の遅れでした。
今回の、成都までの乗客は6人で、日本人は私のみでした。
まだまだ四川省への日本人客は戻ってこないようです。

なお、成都空港で、成田からの乗客が国内線用のバスに紛れ込み、
係員がそれを探しに追いかけて、国内線バス出口で見つけたようで、
彼女は後から託送荷物ラインにきました。
くれぐれも、CA422便を利用して成都に入られるときは、
北京・成都空港で、「東京―成都」案内を持った係員を見つけ、
その指示にしたがってください。

広告

kanazawa45 について

中国に長年にわたり在住中で、現在、2001年秋より、四川省成都市の西南交通大学外国語学院日語系で、教鞭を執っています。 専門は日本中世史(鎌倉)で、歴史関係と中国関係(成都を中心に)のことを主としていきます。
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

成都に戻る への2件のフィードバック

  1. xiong2_gongzi より:

    現在の不況で、フライトの乗客も極端に減っているようですね。関空も強いはずの中国線で減便が出ています。大連への週7便が2月中旬に全便運休となりました。昆明行きがデイリー運行になるといううれしいニュースもありましたが、夏の航空ダイヤが気になるところです。(xiong2)

  2. 正大 より:

    xiong2さんこんばんは。四川省への日本人観光客の減少は、CA422便の様子だけでなく、ブログ検索からも分かります。本年に入っても、「成都」での検索で、それらしい記事に当たる日の方が少ないです。昨年までとは異にしています。やはり、世界経済の影響がもろに出ているのでしょう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中