西安交通大学日本語学科98年卒業生10周年同窓会

 10月1日(水)の国慶節、西安交通大学日本語学科第10期生(98年卒業)が卒業10周年を祝い、西安に集いました。私もこれに顔を出しました。98年卒業生は16名(男9名・女7名)と珍しくも男性が多いのです。今回、1日夜の出席者も男5名・女1名と男性が過半でした。写真1はこの宴のもので、家族連れの卒業生もおり、家族サービスをも兼ねたものとなっており、西安観光を楽しんだようです。なお、本期も含め、この前後の学生には3年総合日本語・4年新聞雑誌購読などを教えていました。

081001西安交通大学日本語学科98年卒業生10周年同窓会 (8)

 写真2は翌2日(木)、午前、彼らに思いで深い、キャンパス内を散策し、その変容を見るとともに、外国語学院のある変わらぬ棟前で撮ったものです。こうして、外見や場は変わったもの(米国在住者も)、変わらぬ同窓の絆を深めていったのです。

 081002西安交通大学日本語学科98年卒業10周年同窓会 (11)

(2008.10.05)

広告

kanazawa45 について

中国に長年にわたり在住中で、現在、2001年秋より、四川省成都市の西南交通大学外国語学院日語系で、教鞭を執っています。 専門は日本中世史(鎌倉)で、歴史関係と中国関係(成都を中心に)のことを主としていきます。
カテゴリー: 教育 パーマリンク

西安交通大学日本語学科98年卒業生10周年同窓会 への2件のフィードバック

  1. wenli より:

    先生ご無沙汰しています。
    わたしが教えたこのクラス、同窓会をやったと聞いていましたが、写真を見るのが初めてです。
    陳さんと蔡さん、卒業後、初めて写真を見るんですね。
    あ、懐かしいです。
    ところで、みんな変わっているのに、先生だけが全然変わっていませんね。
    50過ぎたら変わらないものですかね。
    だとしたら、50過ぎが楽しみ、とほほ。

  2. 正大 より:

    wenliさん、こんばんは。本日、3泊4日の九寨溝旅行から帰りました。少し紅葉には早く、来週以降が見頃かと。幸い、ほぼ天気に恵まれ、九寨溝を2日間歩きました。最終の、本日は快晴で、成都では見られない、抜ける青空でした。なお、帰りの飛行機から汶川大地震の山崩れの様がしかと見えました。西安での同窓会は、当初の出席予定者が日本出張などで減りましたが、皆で楽しみました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中