四川汶川大地震5日目の西南交通大学犀浦キャンパス―成都雑感〔65〕―

 本日午後(16日)から犀浦キャンパスで3年生「作文Ⅲ」「日本経済と貿易」の講義あり、出かけました。そこで同キャンパスの四川汶川大地震の影響を写真でお目にかけます。

 写真1は、正門から左に教学館前に広がる庭の芝生上に張られた学生のテント群です。一昨日に比して減ってはいますがまだまだ多くのテントが張られています。手前に見えるのは宣伝用のパラソルで、後方のテントは梱包用布を利用したお手製のテントです。なお、九里堤キャンパスの仮設テントは本日も健在です。

Unicode

 写真2は、1号教学館を入り、中庭にある階段の所です。このゴミは各階で剥離した壁のモルタル・漆喰です。講義再開のため教学の清掃の結果出てきたものでしょう。随所で剥離が起きたことが分かります。

Unicode

 写真3は、2階の校舎を結ぶ回廊部分の柱の様子です。

Unicode

 次いで、写真4は、同じく最上階の5階部分です。両者をご覧のように、回廊の柱・校舎の接合部分で、2階では回廊側の柱のモルタルが見事に剥離落下してしまい、5階では剥離で両者の接合に隙間が出来外が見える状態になっています。また、両者とも天井版が相当破損・落下したことが分かります。やはり接合部として振動が厳しかったことが分かります。

Unicode

 写真でお見せするのは以上です。1号館を見た範囲では写真3・4がもっとも目に付くものでした。階段部などには壁にひび割れが見えましたが、これもモルタル内部止まりでした。廊下の天井の一部に破損が見られますが、教室内は床部(コンクリート)が天井ともなっているので、壁・天井とも破損は見られませんでした。総じていえば、壁の破損は表面部のみで本体に破損はないようです。柱に関しても写真にみる所を除いて、ほかには祖損は見られませんでした。ガラス窓に関してはまったく破損は見られませんでした。こうしてみると、建物本体に打撃を与える被害は被ってはおらず、被害は表面的なもので、軽微といえるでしょう。なお、学生の話では、被害が最も大きいのは昨年に完成したばかりの図書館だそうです。

 学生の話では、地震当日は授業中で、みな教室を出、あわてて階段を駆け下り、外に逃げ出したとのことです。その後、戸外で一夜を明かし、ほとんど眠れなかったとのことです。そして、地震の体験は全員が初めてでした。

 以上、ようやく大学もほぼ正常化したので、地震関係の記事は、特段のことがない限り、これで終了させていただきます。

(2008.05.16)

広告

kanazawa45 について

中国に長年にわたり在住中で、現在、2001年秋より、四川省成都市の西南交通大学外国語学院日語系で、教鞭を執っています。 専門は日本中世史(鎌倉)で、歴史関係と中国関係(成都を中心に)のことを主としていきます。
カテゴリー: 四川汶川大地震 パーマリンク

四川汶川大地震5日目の西南交通大学犀浦キャンパス―成都雑感〔65〕― への2件のフィードバック

  1. より:

    ありがとうございました。
    成都は、早く大体通常に戻れたんですね。
    では、成都への航空券は無駄にせず、もしかしたら武候祠や杜甫草堂、文殊院、人民公園などは行けるかもしれませんね。
    バスで遠出するようなところは、無理でしょうけど。
    観光で訪れることなどを言うと、不謹慎だと思いますが。
    すみません。
    九寨溝のほうも、お返事を読ませていただくと復興は早そうで、様子によく気をつけることにします。

  2. 正大 より:

    ジュピターさん、こんばんは。成都は一応平常に戻りましたが、まだ完全ではありません。物的な被害は写真でお見せした程度で、たいしたことはありませんが、人心はまだ安定していません。まだ戸外で生活している人がいます。それに、今日は休日で繁華街は賑わうところですが、ヨーカドー春熙店の入りは平日程度です。また、デマも止みません。今日は悪質なデマが流れました。具体的なことは控えますが、ただちに事実を持ってこれを否定し、安心させました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中