成都市地震で揺れる―成都雑感〔62〕―

 本日(12日・月曜日)、四川省で地震が発生しました。中国地震局発表によると、

発生時間 1428

震源地  北緯31度 東経103.4

規模   M7.8

です。

 以上の発表から、震源地は成都市西北約75kmのアバチベット族羗族自治州汶川県漩口鎮付近と考えます。当鎮から西約20kmに、世界遺産になった臥龍パンダ保護地区の所在地、臥龍鎮があります。また、当鎮を通る国道213号は、成都市と甘粛省蘭州市を結ぶ幹線路であるとともに、汶川県から分岐する国道317号でチベット自治区ラサとつながり、同時に松潘県からは世界自然遺産の九寨溝・黄龍への道に繋がっているという、四川省にとって交通運輸かつ観光用として極めて重要な道路となっています。同時に、当鎮の東南東約15kmに世界文化遺産の灌漑施設で知られる都江堰を要する都江堰市(人口約60万人)があります。この中間には、岷江最大のダム、紫坪鋪水(ダム)があります。

 ところで、成都市は歴史上に被害を受けるような大きな地震にみまわれた記録はありません。それで、四川省には地震がないと、中国人一般には思われています。しかし、近代に入り、1933年8月25日、同自治州茂県畳溪鎮(成都より北北東約150km)を震源とする、M7.5の地震が発生し、同地の多くの集落が大山崩れにより陥没全滅し、1万人に達するといわれる死者を出した大地震がありました。この時の地震で岷江がせき止められ、湖が生まれ、畳溪海子という九寨溝への途上の観光地となっています(なお、下の写真は昨年1月に九寨溝への途上で撮った畳溪海子です)。このように、四川省西部の山岳地帯は局地型地震が発生するのです。今回も、1933年の地震と同系統のものと考えます。

 さて、本日の成都での地震の影響です。私は本日講義がないため宿舎で過ごしていました。地震の揺れは2分以上は続きました。震度は3程度と感じました。もちろん、2001年9月に成都に来て以来、有感地震の経験は初めてです。成都市民も生まれて初めての体験ではないでしょうか。そこで、私も宿舎を出、庭で揺れが止むのを待ちました。キャンパス内の人々も多くが戸外に出てきました。揺れが止まっても、多くの人がそのまま戸外に止まっていましたが、私は安全と見て室内に戻りました。

 その後も、余震と見られる有感地震が夜まで続いています。この地震での直接的な影響は、まず第一に、私のブログへの「成都 地震」での検索アクセスが始まったことです。153840秒を最初に、162840秒までで、20回を数えます。これは20061229日付「台湾沖地震のインターネットへの成都での影響―成都雑感〔33〕―」記事がGoogle検索で上位5位以内に入っていたためでしょう。第二は、テレビがじきに視聴不能になり、夜になっても回復しないことです。中国での都市でのテレビ視聴が有線テレビが普通であるように、部屋のテレビも大学での有線テレビです。どうやら、これが地震の影響を受けたようです。電話回線の方は無事です。しかし、私は発信しませんでしたが、携帯電話はほとんどかからず、固定電話もかかりにくくなっているそうです。これが第三の影響です。このことは地震の際の日本でも同じことといえます。第四は、夕方になり、外事処から、直接部屋に来、戸外に避難するように大学から指示があったとの連絡でした。このことは大学院生からの電話でも学生に指示が出ていることで分かります。どうやら、余震を極めて危険しているようです。この点に関しては、日本人である私の方が地震についての経験・情報は豊かですから、これを断り、自己責任で相変わらず部屋にいます。以上がとりあえずの地震による影響です。

 最後に、被害状況の概況はまだ確かではありませんが、すでに四川軍区の人民解放軍が動員され、温家宝首相も成都市に赴き救援指揮をするそうですから、今回の地震を重大なものと認識していることは確かです。1933年の前例、地震規模・地域からして、大きな被害が想像されます(民生部18時発表で、すでに中国全土で107人の死者が出ています)。一刻も早い救援を望むところです。

Unicode

(2008.05.12)

〔追記〕  地震発生の翌日、13日(火)は講義日なので、犀浦キャンパスに出かけました。いつものとおり、スクールバスで九里堤キャンパスを出発しました。途中、近くのマンション団地前の路上駐車が目立ち、中には窓を開けそこから傘を差しだしている車もありました。本日は朝から雨でした。注意すると、ほとんどの車中に人がいるのです。すなわち、室内から車に避難しているのです。昨日からの戸外避難をまだ続けている人がいるわけです。この他には新キャンパスに着くまで、特に変わったことはなく、途中でも被害の様子は見かけませんでした。道路も正常で交通も正常でした。

 ところが、新キャンパスの校門を入ると、校庭の芝生のあちこちに色とりどりのテントが多数見えるのです。学生たちがその下に蝟集しているのです。中には傘で雨をしのいで路上に立ったままの学生もいました。テント張りの学生は旧キャンパスでも見かけましたが、数が圧倒的に多いのです。学生の戸外避難が継続しているようです。さらに、校舎に近づくと、各出入り口には警備員が立っており、突然学生たちが中庭から外へと走り出てきました。学内放送で避難を呼びかけたようです(リヤリング力がなく私には意味不明でしたが)。中庭に入ろうとすると、警備員が止めましたが、かまわず進むと、壁の漆喰が一部剥離しており、また天井の一部も落ちていました。内部に入れないので、内部の被害状況は判然としませんが、ほかには校舎に目立った異変は見当りませんでした。いずれにしても、校舎が軽度の被害を受けたことは間違いありません。校舎の電気は消され、無人の様子でした。これでは講義は出来ません。実は休講の報せを聞いていませんでした。以上のことから、新キャンパスは震度4~5弱の揺れを被ったと推定できます。新キャンパスは旧キャンパスの西北10km弱に位置します。それだけ震源地に近いことになり、これが影響の差となって現われたのでしょう。

 仕方なく帰ることにし、スクールバスで旧キャンパスに戻りました。キャンパス内の商店はほとんど休業でした。また、こちらも校舎のエレベーターは停止され校舎内に立ち入れません。もちろん旧キャンパスも休講です。知らぬが仏は私一人というわけです。

 以上が西南交通大学の地震による両キャンパスへの影響です。なお、デジカメを所持していなかったので、写真はありませんから、その替わりに、他大学ですが、キャンパス内の様子をレポート(写真付)したブログを紹介しておきます。『小翠の成都レポート』「第3報 四川省を襲った地震」(2008年5月13日付)〔http://blogs.yahoo.co.jp/suiko_in_china/54985965.html〕です。(2008年5月13日)

広告

kanazawa45 について

中国に長年にわたり在住中で、現在、2001年秋より、四川省成都市の西南交通大学外国語学院日語系で、教鞭を執っています。 専門は日本中世史(鎌倉)で、歴史関係と中国関係(成都を中心に)のことを主としていきます。
カテゴリー: 四川汶川大地震 パーマリンク

成都市地震で揺れる―成都雑感〔62〕― への7件のフィードバック

  1. xiong2_gongzi より:

    死者はすでに8000人を超えたとのこと。
    私としては神戸の震災で建物が倒れて一変した異様な景色が脳裏にありますが、
    崩れた建物の中にまだ人がいるかもしれないというのは、何ともいえない気分です。
    一刻も早い救援と復旧を願うばかりです。
    (xiong2)

  2. 正大 より:

    xiongさん、こんにちは。成都は基本的に安定していますが、この汶県地震は唐山地震以来の最大の被害が予想されます。今日は雨が降っており、被災地への接触を阻んでいます。極めて厳しい事態になっています。

  3. より:

    ご無事でほっとしました。
    今朝の新聞で死者が8700人、仕事から帰ってきて夕刊を見たら、60000人行方不明と書いているので、
    想像以上に被害はすさまじく、すごく心配になり、ブログを拝見して本当にほっとしました。
    揺れが2分以上も続いたなんて、怖かったことでしょう。
    阪神大震災の10倍の地震波とか。
    被害に遭われた方のことを考えると胸が痛みます。
     

  4. 正大 より:

    ジュピターさん、こんばんは。死者の数は汶川県などの被害の状況が明らかになるとますます増えることは確実です。この点で、今回の四川汶川地震はまさしく大地震です。唐山地震以来の悪夢と言っていいでしょう。救援の早いことを祈るのみです。ところで、本記事を掲載して、本日のアクセス数は最高数を数え、普段より一桁上になりました。検索からアクセスされています。私のブログは古い割には普段のアクセス数は微々たるものでした。しかし、このアクセス数の増加は本当は喜べるものではないでしょう。一日も普段に戻ることを。

  5. Belinda より:

    この記事を読めてほっとしました、ご無事でなによりです。
    引き続き余震に気を付けてください。

  6. 正大 より:

    ジョ・綺霞さん、はじめまして。無事ですよ。引き続きよろしく。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中