成都担担麵・総店―成都雑感〔30〕―

 成都は四川料理の本場ですが、同時に各種の小吃(本来的には小腹を満たす軽食)でも知られています。夫妻肺片・鐘水餃・龍抄手・頼湯元などがその代表です。東大街にある成都小吃城はこの成都小吃をセットメニュー(20種・20元から)で食べさせる専門店で、いわば前菜からデザートまでの小吃フルコースとなっています。

 今回は写真1に見える、天府成都麗都喜来登(シェラトン)飯店の対面の「成都担担麵・総店」(人民中路一段30号)を紹介します。本店は名前のように正統な成都の担担麵の店です。現在、人民路は地下鉄1号線建設工事中(2010年完成予定)で、16路などのバスは迂回路(順城大街)を走っていますから、西玉龍街站(陳麻婆豆腐店前)がもっとも近いバス停になります。

061125成都担担麵総店 002

 写真2はこの担担麵です。写真のように小椀(50g・2.5元)です。右の椀が運ばれてきたときのものです。左の椀が中身をかき混ぜた後のものです。

061125成都担担麵総店 004

 写真3は、これを食し終わる寸前の状態です。以上見れば分かるように、一般に日本で見るスープいっぱいの担担麵とは、成都担担麵は異にします。

061125成都担担麵総店 007

成都担担麵は、清末の19世紀の中頃、自貢(成都市から高速道路で南に約200㎞で、塩と恐竜博物館で知られています)出身の陳包包が天秤棒に鍋と材料をぶら下げて街を流して歩き、その場で暖めて調理して売り出したのが発祥とされています。その後これが広まり、各地へ拡大し、現在のように店を構えるようになりました。

 したがいまして、成都担担麵はたれの上にゆでた麵を入れ、その上に調理した豚ミンチを載せてくるのです。このたれは、四川料理に違わず、辣椒油をベースとした辛いものですが、醤油・芝麻油・香油(ごま油)・川東菜(大芥菜を塩漬け・発酵して天日乾燥させたもの)などが入って味を決めています。日本のラーメンとは異なり、麵は鹹水を使用せず、いわばうどんに似た感じの中太麵です。そこで、食するときにはたれを麵にからませる必要があるので、まず麵・豚ミンチ・たれを十分にかき混ぜなければなりません。すなわち写真2の左の椀のようになるわけです。そして、麵を食べ終えると、写真3のように、四川料理の辛さの証明である赤油が椀にわずか残るわけです。なお、写真でお分かりのように、たれには青細ネギのみじん切りが入っています。

 この店は担担麵をはじめ、各種の麺類・沙鍋などもあり、いろいろ楽しめます。

 担担麵を昼食としてとった後、以前紹介した近くの「白果園茶館(茶座)」(2005年10月20日付)に行き、ゆったりと茶(菊花茶5元)を喫しながら撮ったのが写真4です。銀杏の古木(成都市の保護木)が黄色くなっているのがお分かりでしょう。しかし、まだ完全ではありません。成都市の気温はほぼ東京都と同じですから、もっと黄色のはずですが、今年の10月は平均気温が例年より2度以上も高かったという、暖かい年でした。確かに、10月半ばでも上着は不要でした。このせいか、銀杏の黄色への変身も遅れているのでしょう。

Unicode

(2006.11.26)

〔追記〕  2011年3月現在、担担麺(1両)4元となっています。(2011.03.05)

広告

kanazawa45 について

中国に長年にわたり在住中で、現在、2001年秋より、四川省成都市の西南交通大学外国語学院日語系で、教鞭を執っています。 専門は日本中世史(鎌倉)で、歴史関係と中国関係(成都を中心に)のことを主としていきます。
カテゴリー: 食事 パーマリンク

成都担担麵・総店―成都雑感〔30〕― への4件のフィードバック

  1. xiong2_gongzi より:

    確かに、中国には汁に入った面はどちらかというと少数派ですね。私は中国へ行くようになってから、かき混ぜて食べる「拌面」の魅力にはまりました。
    この夏の成都で「怪味面」という店に行きました。あの店の面も担担面の派生系だと思うのですが、面が隠れない程度の少ない汁が入っていました。唐辛子と花生、甘くて辛い面でした。(xiong2)

  2. 正大 より:

    xiong2さん、確かにスープ入りではなく、たれを麵にからませるタイプも多種ありますな。怪味麵もそれですね。なにしろ、麵の発祥地は中国とされていますから、中国全土では各種の麺類があります。とても食べ尽くせませんわ。

  3. k より:

    肉まんです、こんにちわ。
    誰やぁ??最初はそう思ったんですが、
    随分昔に此方へ寄らせて頂いた事を思い出しました。
    お久しぶりです。
    自分の希望通り遊びに来れそうなら、また此方を参考にさせてもらいます。
    (でも・・・・予定組めるの来月頭になりそうです。)
    その時又分からない事あればご指導宜しくお願いします。

  4. 正大 より:

    肉まんさん、お久しぶりです。四川にこられる際はよろしく。なお、7月中旬から、夏休みで一時帰国の予定です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中