焼肉「牛牛福」―成都雑感〔27〕―

 昨10日(金)夜、成都在住の日本人が焼肉を食べる会を開きました。四川大学の留学生を中心に20数名が集いました。

 そこで、この会で食した焼肉店「牛牛福」(8515-9393 住所:一環路南四段13)を紹介します。この店は一還路南四段の西南民族大学の対面の永楽家電店の裏面にあります。永楽家電店の左側に沿って奥に進むと、階段があり、「奥林保齢球館」(ボーリング場)と「牛牛福」の案内があります。そのまま階段を2階へと上ると、ボーリング場に入ります。右にレーンを見ながら直進すると、コーナーの受付に着きます。コーナーを右折して直進して窓際まで進むと、写真1見る、「牛牛福」の入口になります。この両方の施設は実は邱永漢集団が経営するものです。「牛牛福」はこの1月にオープンしたのです。

Unicode

 写真2は肉類を網に載せて焼きはじめたところのものです。メニューは牛肉を中心に、豚・鳥の肉類、魚類、キノコ類などが無煙の網焼となっていいます。もちろん、写真に見えているように、キムチなどの定番の漬け物類やスープなどもあります。

Unicode

 写真3は店の奥から見た店内風景です。店内は清潔であり、店員のサービスもきびきびしており、好感を持てるものです。肝心の肉類の方ですが、もちろん和牛などは手に入らず、中国産ですから、その点に不満足の方がおられるかも知れません。しかし、生ビルを友として、十分に食しても、70元程度でまかなえることを思うと、成都での日本料理店の水準(本格的なものは望めず、もどきです)と値段に比して、十分に満足できるものといえましょう。中華料理にあいたら、訪れるのもよいでしょう。

s-061110牛牛福 005

(2006.11.11)

広告

kanazawa45 について

中国に長年にわたり在住中で、現在、2001年秋より、四川省成都市の西南交通大学外国語学院日語系で、教鞭を執っています。 専門は日本中世史(鎌倉)で、歴史関係と中国関係(成都を中心に)のことを主としていきます。
カテゴリー: 食事 パーマリンク

焼肉「牛牛福」―成都雑感〔27〕― への2件のフィードバック

  1. あび より:

    はじめまして。三国志好きの社会人です。成都といえば蜀ですね。好きな武将は関羽です。
    現在の中国の現状が見れて楽しいブログですね。

  2. 正大 より:

    劉禅クンはじめまして。「三国志」がお好きなようですね。成都はむろん三国志にゆかりの地ですが、歴史的にも三星堆をはじめ、紀元前の中国貴重な遺跡があります。来月には殷周時代の金沙遺跡博物館がオープンの予定です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中