DVDソフト事情(9)「迷」日本語字幕付の外国語映画―成都雑感〔4〕―

 アメリカ映画を始め中国映画などの外国語映画の場合、日本人なら普通は日本語字幕付で楽しむでしょう。中国国内でのDVDは基本的に中国人が消費対象ですから、当然ながら他言語のものは中国語字幕(簡体字・繁体字)が入っています。では日本語字幕付がないかといえばそうではありません。数は少ないですがやはりあります。日本発売盤を原版としたもので、これが一番多いです。これはカバーもコピーが基本ですから、それでわかります。ただし、カバーが日本発売盤だからといって、安心はできません。それは、カバーは日本でDVDはアメリカなどの発売盤の場合、また日本語字幕を削除してある場合と、日本語字幕がないのもあるのです。少数ですが、ヨーロッパなどでの発売盤で日本語字幕付があります。これは裏カバーのSubtitles表示にJapaneseがあります。この場合にも日本発売盤と同様な例もありますから、油断はできません。だいたい表示通りが過半ですが一部のそうでないものがあるので、購入は当たるも八卦当たらぬも八卦です。以上が今までの日本語字幕付外国語映画でした。

 そこにこの春から新顔が出てきたのです。これは自動翻訳ソフトを利用して日本語に翻訳して字幕を付けたものです。お日様のイラストの下に「ZB」と書かれた袋に入っているDVDです。この袋には「中////日等多種字幕選択 国語配音(中国語アフレコ)」と謳っており、裏カバーには中国語で表示したスペックが加えられて印刷されており、ここに「日文」とあります。このタイプのものは「ZB」のみで他には見られません。もちろん、この中に自動翻訳ではなく、上述のものもあります。自動翻訳の場合は、カバーがアメリカなどの発売盤のコピーが基本です。ただし、この中に一部日本発売盤が混じっている(『ゴット・ファーザー』がこの例です)から面倒です。

 では、自動翻訳の日本語字幕付DVDのレベルがどの程度のものか、一例として、『プライベート・ライアン』で示しましょう。ノルマンディー上陸の戦闘場面についで、ライアン兄弟の件を知って、Bryce大佐に大尉が報告するシーンです。英語・中国語・日本語の字幕をそれぞれ下に示しますから、比較してみてください。

That’s not all. There’s a fourth brother, the youngest.

He parachuted in with the 101st Airborne night before the invasion.

He’s somewhere in Normandy.

他們的幼弟在進攻前一夜

随同101空降部隊出動

他正身所處諾曼第某處

それはすべてではない。

4番目の兄弟、一番年下のものがいる。

彼は侵略の前にの01スト

彼はノルマンディー●〔口+率〕い搿?

 中国語の翻訳文では、第1行の文が完全に欠落していますが、以後はほぼ正しく訳されており、意味は明白です。しかし、日本翻訳では、第1行はまあ正しく訳されていますが、第2行以降は意味不明の訳となっています。とりわけ第3行後半は(中国語としても日本語としても)意味不明な漢字の羅列で日本語とは思えません。このような漢字の羅列は全シーンの渡っております。ですから、日本語字幕では意味不明なほうが多いといえますから、むしろない方が見やすいとすらいえる迷惑もので、無用の長物です。

 どうしてこうなったのでしょう。日本語字幕が宋体フォトンであることがヒントです。英文を日本語に自動翻訳する時、通常の日本製のソフトなら翻訳結果は文字コードがシフトJISにより明朝体フォトンで表示されます。これを宋体フォトンに変換すればいいのですが、おそらく、中国語版WindowsXP上でそれを使用したため、文字コードが簡体中国語のGB2312GB18030により直接宋体フォトンで表示されたために、文字化けを起こしたと想像されます。当然ながら、これを担当した者に日本語の知識がないためそのまま字幕化したのでしょう。

 『プライベート・ライアン』の例はもっとも拙劣な自動翻訳での日本語字幕付き外国語映画です。しかし、他のもの(『フォーレスト・ガンプ』など)でも、映画はセリフ主体の会話体ですから、自動翻訳ソフトは基本的に文書翻訳用のものなので、翻訳文は文章体となって、違和感はゆがめません。それに自動翻訳文に手を入れることはないようなので、誤訳などが翻訳者がするのと比べると多くなります。こうした意味で、自動翻訳による日本語字幕は迷訳です。

 このようなDVDが出てくる背景を考えると、「中////日等多種字幕選択 国語配音(中国語アフレコ)」と謳っていることから、より便利さを訴えることで、今の中国ではごく普通な娯楽手段となった、DVDの売り上げ向上を図ったものといえるでしょう。この意味では、海賊版業者の方が正規版業者よりも商売熱心といえましょう。そこに日本語が入っていることは、中国における日本人の存在があると思います。日本人にとっては安価な(1枚6元程度)ためもあり、一人当たりの購入量も中国人よりかなり多いと推定されます。いわば、日本人は上得意客なのです。これを海賊版業者は目ざとく注目したのでしょう。現に、私はそれにつられて購入してしまいましたから。

 最後に、ドラマのDVDの動向についてです。映画はDVD(片面1層のD-5、片面2層のD-9の2種で、前者は6~5元、後者は10元)が主流ですが、連続ドラマは完全に圧縮DVDMPEG-4により圧縮比を高めて画質は劣るが収録時間を数倍にしたもの)に移行しました。これによりドラマ1回分の価格は下がり、また日本でデジタル放送録画を元版とするため、放送終了後1・2週間で店頭に出てき即時性に優れており、旧来の日本発売盤を元版とするDVDボックス(1枚に2話収録しワンクール6枚で36元。現在では新譜は出ることなく、店の在庫のみです)を駆逐しました。この圧縮DVDHDVD)も最初のHDVD(片面1層で、1枚3.5元。日本のドラマの場合1枚に5・6話程度収録し、ワンクール2・3枚)から、今年初めから登場したHDVD-9(片面2層で、1枚7元。ワンクールが1枚に収録)に移行しました。なお、同時期に出てきたHDVD-10(両面1層で、1枚7元)は扱う店が少なく、品質上も問題が多く、おそらくまもなく消えていくでしょう。さらに、最近、HDVD-18(両面2層)が出てきましたが、HDVD-10以上に品質に問題があると見て、手を出しません。

付記  久しぶりの更新です。課題発表がのびたことから、日本語作文コンクールの最終選抜と添削が、例年に比して(今まではメーデー明けにはほぼ終了しました)遅れたためと、卒業論文指導とが重なり、このところ例年に比してタイトでした。ようやく、昨9日(金)に両方とも完了し、時間に余裕ができました。もちろん、ワールド・カップ開幕戦ドイツ対コスタリカ戦はCCTV-5(中国中央テレビ体育チャンネル)で観戦しました。来週からは期末試験、卒業論文答弁会と続きますが、この間見ていなかったドラマを見られるようになります。まずはNHK大河ドラマ『義経』(HDVD-9の2枚組)を完全制覇するつもりです。

(2006.06.10)

広告

kanazawa45 について

中国に長年にわたり在住中で、現在、2001年秋より、四川省成都市の西南交通大学外国語学院日語系で、教鞭を執っています。 専門は日本中世史(鎌倉)で、歴史関係と中国関係(成都を中心に)のことを主としていきます。
カテゴリー: 映像 パーマリンク

DVDソフト事情(9)「迷」日本語字幕付の外国語映画―成都雑感〔4〕― への5件のフィードバック

  1. 洪强 より:

    頑張ってくださいね。

  2. 正大 より:

    お久しぶり。大連での写真拝見、お元気そうで何より。昨日の今頃は最悪の気分でした。中村俊輔の得点はラッキーで、客観的にいって、オーストラリアが同点になったときは、ある意味で、正当かなと思いましたので、残念でしたが、まだ冷静でした。しかし、その後がいけません。3点目に至っては論外です。この試合における日本チームは監督・選手とも積極的に点を取りに行く姿勢に欠けていました。本当にシュートする気があったのか。試合後に、期末試験の採点の続きをする予定でしたが、この調子では学生に不利に働くと思いやめて寝ました。

  3. - より:

    私も最近圧縮版でDVD買ってます(^^)v
    一枚8元で全シリーズ見れるのでお買い得!?
    義経、タッキ~かっこいいですよね~~。全部見るのに一週間かかりました(笑)

  4. 正大 より:

    しおりさんも、「義経」見ましたか。私は10日から見だして、16日午後で完了です。日に5回分は見ていました。鎌倉時代が専門の私から見ると、歴史ドラマとする以上は、当該時期の人々の思考や生活習慣を踏まえて、人物像を構築しないと、本当の姿が見えてこないということです。その意味で、これほど悩む義経像は非現実的で支離滅裂していたものです。「新しき国」なるものはまさしく具体論のない空想であり、これにより、鎌倉幕府の成立という、日本史上の一大変革期であることがかえって霧散してしまいました。なぜかかる設定をしたか、理解の及ぶところではありません。最近の大河ドラマは本来の「歴史ドラマ」から離脱しいき、その方向性を見失っているのではないでしょうか。一部しか見ていませんが、本年の「巧妙が辻」にもその傾向を強く感じます。ドラマ制作関係者には歴史を真面目に勉強してもらいたいと思います。そうでなければ、俳優にとっても本当の力が発揮できません。

  5. sei より:

    「巧妙が辻」じゃなく「功名が辻」です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中