続・石象湖生態風景区―四川雑感〔1〕―

 23日(木)午後、昨年4月に続き、大学外事処主催で、再度、石象湖生態風景区に行って来ました。今回はチューリップの展示が中心でした。そこで、群生の様の写真を下に示しておきます。ご覧のように、白・赤・紫・黄色などと色とりどりに花盛りでした。また、鉢のチューリップを販売していましたが、1030元と高く、しかもすでに花が開いたのもあり、食指を動かされるものではありませんでした。 Unicode

s-0603023石象湖風景区 009

 今回は昨年以上に客は多く、駐車場の様子から、そのほとんどが自家用車による個人客と考えます。入場料が50元であることをも思えば、平日に個人客を中心に入場者が増加していると想像されることは、成都市の消費傾向が旺盛である一つの証拠となるかも知れません。

(2006.03.24)

広告

kanazawa45 について

中国に長年にわたり在住中で、現在、2001年秋より、四川省成都市の西南交通大学外国語学院日語系で、教鞭を執っています。 専門は日本中世史(鎌倉)で、歴史関係と中国関係(成都を中心に)のことを主としていきます。
カテゴリー: 観光(四川) パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中