味千の生麺で醤油ラーメンを作る

 普段の昼食は麺類が主です。学食(1.5元)や校内外の食堂(2~3元程度)で食しますから、四川の麺類が過半で、辛いものが多くなります。

 今日は週末でもあり、イトーヨーカドー双楠店で先日購入した味千の生麺(「味千高蛋白拉面」5人分・味千拉面〈深圳〉有限公司製造 7.9元)により、醤油ラーメンを作ってみました。本来は豚骨スープですが、材料の関係と、私が関東子なので醤油スープにしました。スープ材料は、醤油(香港李錦記「精選生抽」・広東省製造)大さじ3杯、鶏ガラスープの素(鶏精・成都市製造)小さじ1杯、「ほんだしかつおだし」(味の素)小さじ半分、ゴマ油少々です。本来ならば醤油こそ日本製でなければいけませんが、中国製で代用です。具材は、卵(中国的に塩と茶で煮立てて味付け)、ホーレンソー、ネギ、ザーサイ(重慶涪陵市製造)、味付け海苔(「波力海苔」)と全て現地調達のものです。したいがいまして、材料で日本製は「ほんだしかつおだし」だけで、他はすべて中国製です。

 完成品が下の写真です。味の方はあっさりしたものとなっていました。まずはこれで日本のラーメンに近いものが宿舎で作れることが分かりました。

060318醤油ラーメン.02

(2006.03.18)

広告

kanazawa45 について

中国に長年にわたり在住中で、現在、2001年秋より、四川省成都市の西南交通大学外国語学院日語系で、教鞭を執っています。 専門は日本中世史(鎌倉)で、歴史関係と中国関係(成都を中心に)のことを主としていきます。
カテゴリー: 食事 パーマリンク

味千の生麺で醤油ラーメンを作る への3件のフィードバック

  1. より:

    美味しいそうですよね。
    先生は料理を作るのが上手ですよね。羨ましい!
     

  2. mj より:

    美味しそうですよね!
    いつか 私も作ってみます。:)

  3. 正大 より:

    栄さん。椀は90年代からのホーロー引きの鉄腕です。学食用に購入したのでした。今では、麺類や丼物の時に使っています。四娃さん、はじめまして。見た目だけです。少し麺を茹ですぎました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中