日本文化分野での卒業論文題目

西南交通大学日本語学科での卒業論文は、日本語言語学・翻訳分野と日本文化分野の二つがあります。前者は中国人教員が、後者は日本人教員(2名)が担当指導します。以前はこれでよかったのですが、最近は前者を選ぶ学生が減少し、後者が半数を超えるようになりました。したがって、中国人教員も日本文化分野をも担当せざるをえません。

では、日本文化分野で、学生がどんな題目を選ぶか、少ないですが、私の担当した4年分(24名)の題目をお見せすることで、その一端が分かると思いますので、以下にそれを示します。

〈経済関係〉6名

戦後日本経済の高度成長の要因としての科学技術

日本における終身雇用制

松下電器の分析から終身雇用の未来を見る―改革は破壊ではなく、再伸である―

バブル経済下の日本経済

90年代後半の日本単身世帯の消費行動

90年代後半以降の日本の対アセアン貿易政策の変化

〈社会関係〉5名

「家」から見た日本人の集団意識

戦後日本の家庭構成の変化

現代中日女性地位の比較

中日高齢者生活の比較

日本人の清潔と清潔感

〈教育関係〉1名

日本の小学校教育

〈宗教・思想関係〉5名

仏教思想の日本人生活への影響

中日死生感の比較

盂蘭盆会と日本人の死生観

戦後における日本人の宗教意識変容について

江戸時代の儒学思想とその影響

〈文学関係〉2名

『個人的な体験』から見た大江健三郎の心霊の遍歴

中国での村上春樹ブームの原因の考察―『国境の南、太陽の西』をめぐって―

〈言語文化関係〉2

日本の若者語考

中日外来語の比較

〈その他〉3名

中日古典庭園芸術の比較

文化としての日本マンガ

中日酒文化の比較

以上です。これを見れば関心が多岐にわたっていることが分かります。したがって、時間軸で言うと古代から現在までと、空間軸で言うと経済・社会・宗教・文学などと広く広がっており、4次元的範囲で指導対応しなければなりません。皆さんはどうご覧になりますか。

(2005.05.17)

広告

kanazawa45 について

中国に長年にわたり在住中で、現在、2001年秋より、四川省成都市の西南交通大学外国語学院日語系で、教鞭を執っています。 専門は日本中世史(鎌倉)で、歴史関係と中国関係(成都を中心に)のことを主としていきます。
カテゴリー: 教育 パーマリンク

日本文化分野での卒業論文題目 への4件のフィードバック

  1. shiko より:

     はじめまして。りーしゃさんのコメント欄からジャンプしてきました。^^ さすがにりーしゃさんのとこに集まるのは、中国に在住の方が多いんですね。 最近、韓国、台湾、そして中国にちょっとづつ関心がわいてきまして、りーしゃさんたちのような留学あるいは出張してる方々のブログを読むようになりました。^^ またお邪魔させていただきます。

  2. 正大 より:

    はじめまして、ViolinGuitarKingさん。本ブログの更新は不定期ですが、これからもご覧ください。

  3. より:

    卒業した人の論文を見れますでしょうか?面白そうな題目もあって、学生たちはどう書いているかなと思ってますけど。それから、僕が知りたいテーマですが、”明治維新からみた日本社会の変化””明治維新による日本軍事力の成長”というのは、明治維新で日本がそんな早く強くなってたことにいったいなにが要因になっていることを知りたいですね。

  4. 正大 より:

    tiantiantiantiantianさん、残念ですが、ファイルを私のパソコンには保存していないので、お見せできません。明治維新に関しては、私の専門でないので、的確なことは言えません。すみません。、

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中