源義経は名将か?否(その8)一谷合戦―歴史雑感〔1〕―

(2)一谷合戦〈5〉源平両軍の配置

『玉葉』と『吾妻鏡』・『平家物語』での一谷合戦を見てきました。以下では、両者を統合して、私なりの考えを述べたいと思います。

まず開戦前の源氏・平氏両軍の配置を考えて見ます。

最初は、平氏軍です。都落ちし、西国に逃れた平氏が京の回復奪還を目途にしたことは言うまでもありません。西国で主として水軍により戦力を回復させ、瀬戸内海より摂津に上陸して、京都をうかがえる場を確保しようとします。それが福原です。

だからこそ、東の生田森と西の一谷とに海から山際にかけて堀・逆茂木などの防御施設を構築し木戸口を設けたのです。いわば福原を中心に東西10kmほどの地を城郭化したわけです。この城郭で源氏軍の攻撃を撃退しようと目論んだことになります。

当時の武士団の基本編成は一族単位であることは言うまでもありません。その一族が大きくなれば、その一族内部がさらに分割編成されます。この場合、惣領がその直轄部隊を率いるとともに一族全体を統括することになります。有力な兄弟がいれば彼らが一個の部隊を編成しますし、おじたちも同様となります。また、子息も独立して一個の部隊を編成してゆきます。このように、惣領を中核に一族が編成されるのです。

清盛期には、当然清盛が惣領です。まず、彼の弟として、4男池大納言頼盛、3男門脇中納言教盛、2男修理大夫経盛が公卿に昇進し、それぞれが家を形成します。同時に、長男の内大臣重盛が嫡男として小松家を形成します。重盛は父に先立ち死去しますが、小松家はその嫡子維盛に継承されます。また、清盛2男宗盛・3男知盛・4男重衡も公卿に昇進します。平氏軍は、清盛直轄部隊(子息の知盛・重衡が指揮)、小松家および池殿家以下の弟3家、と大きく5部隊で編成されていたことになります。

清盛の死去と都落ちの後の編成は、基本的には世代交代を行い、宗盛を惣領に、旧清盛直轄(嫡宗)部隊を知盛・重衡が指揮し、叔父の門脇家が通盛兄弟、修理大夫家が経正兄弟、それに小松家が資盛兄弟(維盛は都落ちのとき、平氏から脱落し、後に出家自殺)と、大きく4部隊に編成されていたと考えます(池殿家は都落ちのとき、平氏を離脱)。

以上の平氏軍の編成を基礎にして、その配置を考えてみます。源平両軍の大手である生田森は知盛・重衡兄弟が守ります。同時に、源氏軍が丹波経由で迂回することを知るや、三草山に小松家の資盛兄弟を派遣します。しかし、三草山合戦で敗北し、その大半が瀬戸内海へと敗走します。これを知ると、山の手口を固めるため通盛・教経兄弟を増援します。一方、搦手口の一谷は薩摩守忠度です。そして、経正兄弟は予備部隊として福原に控えていたと考えます。以上、合戦直前の配置は、生田森が嫡宗(知盛・重衡)、一谷が故清盛末弟の忠度、山の手が門脇家(通盛・教経兄弟)、予備として福原に修理家(経正兄弟)となります。

では、源氏軍の配置はどうでしょうか。源氏軍の目的は平氏軍の再上洛の阻止です。このため、その策源地である福原を攻撃し、その覆滅が目標となります。このため、次のように部隊を配置します。生田森口攻撃は、源範頼を大将軍として、過半の兵を配します。これが大手です。源義経と安田義定を大将軍に、丹波路より一谷方面に迂回攻撃をかける部隊を編成し、少数の兵を配します。これが搦手です。そして、三草山合戦勝利後、搦手を義経と義定に分け、義経は山の手口を義定は一谷口を攻撃することにします。

以上の配置から、源氏軍の戦術意図がわかります。それは、平氏軍の主力が守備するであろう生田森口を主力でもって攻撃し、ここで両軍が拘束されている間に、丹波路より迂回した部隊が後背より福原に突入することで、平氏軍を撃破することです。この突入路としては、第一に山の手口を考えていたと思います。ここは福原の背後にあたります。この作戦の成否は、主力の大手との連携が大切であることともに、平氏軍の最小抵抗線を突くことが肝要です。前者に関しては、行程が長く山地であることを考えると、機動力が重要となります。そのため、大手に比べて、少数で機動力とんだ部隊が編成されたと考えます。同時に、現地の地理に通じた武士が参加していなければ迅速な行軍は困難でしょう。したがって、搦手には有力な摂津武士が参加していたと考えます。後者のためには、的確な平氏軍の配置に関する情報が必要です。すなわち偵察活動が肝要となります。このためにも、やはり地理に通じた摂津武士の参加は欠かせないと考えます。また、行動の秘匿も不可欠と考えます。

他方、平氏軍はどう考えていたのでしょう。生田森口に知盛・重衡兄弟を配置したことから、ここが平氏軍にとっても主力ということになります。したがって、ここが最大抵抗線となります。同時に、源氏軍の丹波路迂回を知るや、三草山に小松家部隊を派遣配置したことは、ここを抵抗線として源氏搦手部隊を遅延させて、福原攻防戦に参加させないことで、最大抵抗戦線(生田森)で源氏軍の攻撃を撃退し、福原城砦を確保するという作戦目的を達成できることになります。

しかし、三草山の防衛線はもろくも崩れてしまいます。これを知った平氏軍が門脇家を山の手口に増援し防衛線を構えたことは、源氏搦手部隊の進撃路が山の手口であると判断したことになります。決して一谷口ではないのです。なぜならば、平氏軍の構成から考えますと、その戦力は最強が嫡宗(知盛・重衡)、第2が門脇家、第3が小松家、第4が修理家となると考えるからです。一谷に配置された忠度は最下位の戦力なのです。したがって、一谷合戦直前の平氏軍の配置は、主力が生田森口、次いで山の手口、一谷口が最小ということになります。このことは三草山合戦後の源氏軍の行動を基本的には予測していたことになります。すなわち、『平家物語』にいう鵯越を平氏軍は予測していたのです。源氏軍の秘匿性は失われていたのです。鵯越の進路は『平家物語』の記述とは異なり、未知のコースではなく既知のコースであったのです。したがって、『平家物語』の語る義経の主導による鵯越奇襲策は物語にすぎないのです。

(続く)

(2005.02.21)

広告

kanazawa45 について

中国に長年にわたり在住中で、現在、2001年秋より、四川省成都市の西南交通大学外国語学院日語系で、教鞭を執っています。 専門は日本中世史(鎌倉)で、歴史関係と中国関係(成都を中心に)のことを主としていきます。
カテゴリー: 日本中世史(軍事) パーマリンク

源義経は名将か?否(その8)一谷合戦―歴史雑感〔1〕― への2件のフィードバック

  1. Seiji より:

    正大先生 おかえりなさ~い 春節休暇 いかがでしたか  ゆっくりできましたでしょーか おおっ いきなりの長文だ~ それも 鵯越は なかった ですと~? ワクワクするですね~ 義経は なにをしたのでしょう なぜ 伝説が生まれたのか 楽しみです

  2. 正大 より:

    GEORGさん、お久しぶりです。義経論に関しては、次回では、一谷合戦の経過について、私なりの見解を述べる予定です。ただ、ちょっと時間がかかります。少しお待ちください。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中